2010年04月09日

金剛山

金剛山をこんごうざんと呼べば大阪府にある山である。何度か

このブログにも書いたが私が最近ちょくちょく登る山だ。この

山には山頂に登った人にスタンプを押してくれるサービスをお

こなっており、こんごうざんの愛好家が数多くのスタンプをも

らっている。私ももらっており、このスタンプをもらえば頂上ま

で登った疲れが大きく癒される。

 金剛山をクムガンサンと呼べば朝鮮半島一の名山である。正

しく言えば北朝鮮の域内にクムガンサンはある。日本流に言えば

朝鮮半島に住む人々の心の山というか、まあそれぐらいの山が

クムガンサンである。韓国と北朝鮮はクムンガサン観光を両国の

合意で始めた。北朝鮮がよくこれを認めたものだ、と一部のマ

スコミが報じていた。韓国の太陽政策の流れと北朝鮮の外貨が

欲しいとの思惑が一致したのではないか。という見方がある。

一面的には正しいだろう。政治体制は違っても、要は同じ民族

なのだ。この両国の友好のシンボルとなっていたクムガンサン

観光の施設を北朝鮮が凍結した。この施設は一部の報道によれ

ば、韓国側が約550億ウオンを出して建設した施設を含めて

南側資産を凍結した。要は自分達の都合の良いように没収した

のだ。これに対して韓国側のマスコミは一斉に反発を起こして

いる。当然のことだろう。

 昨日は元北朝鮮政府の有力な高官が亡命し、その会見を行っ

た。日本で言えば東大の総長と国会議長を務めたといわれるほ

どの人だ。(違ったかな)北朝鮮の惨状はマスコミのどのニュ

ースでも報じられている。主権の世襲がいよいよ秒読みになり、

外国政府もそのことによりどのような影響が出るのか分析して

いるという。経済の状況からわずかな外貨でも喉から手が出る

ほどに欲している北朝鮮が、なりふり構わず資産の確保に出て

きたものと考えて支障はないだろう。それが朝鮮半島に住む人

々の楽しみを奪うものであるのは何とも残念である。やればや

るほどに自分達の首を苦しめていくという意見が存在する隙は

将軍様の周りでは一分たりともないのだろうな。取り巻きが自

分達の利益のために隙間を見事なほどに埋めているのだろう。

 こんなことを繰り返せば、北の将軍様が進めている外資誘致

など有名無実になることは誰の目にも明らかなのに。
posted by P.S.コンサルティング at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37002909

この記事へのトラックバック